BLOF理論講座 実践講座

HOME > 講座について > 実践講座

BLOF理論実践講座とは

2020年8月のBLOF理論実践講座は、新型コロナウィルスの首都圏での感染状況を鑑みて、中止という判断をいたしました。

10月開催分についても、今後の動向を見て判断いたします。方針が決定しましたら、改めてご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BLOF理論実践講座は、BLOF理論に基づく栽培を実際に進めている方向けの講座です。

BLOF理論に基づく栽培について、さらなる知識の取得・技術レベルの向上を目的に、理論実践者の圃場視察や参加者が持ち込んだ作物への診断助言、栽培中の課題や疑問について、 BLOF理論提唱者である小祝政明氏やBLOF理論に精通したインストラクターからアドバイスを受ける講座です。

2020年度は、①弊社圃場での栽培実験・検証を通じての学習、②参加者各自からの質疑応答・作物診断、③先進事例視察を3本柱に展開します。

1.弊社圃場での栽培実験・検証について

①弊社は2014年からBLOF理論を実践し始め、品目によっては多収穫、高品質をある程度実現できるようになりました。こうした品目の品質・収穫量の一層の向上のため、「攻めの施肥設計・栽培管理」を実現するための指導を本講座で受け、その後の取り組み過程・結果について現場及びSNS内で参加者と情報共有することで、参加全員でステップアップしたいと考えています。

②BLOF理論に基づく栽培を始めても課題が解決できない場合、BLOF理論以前に解決すべき課題があることが多いです。自分では気づかない栽培管理上の「癖」や「間違ったやり方」は、誰かに指摘されないと気づきません。今年度、弊社では、まだまだ課題が多い「ナス」の栽培や一般的に虫害が激発しやすい時期の「アブラナ科野菜」をBLOF理論に基づく栽培でどこまで被害を低減できるか等をテーマに、敢えて本講座で指導を受けることで、基礎から立て直しを図ります。基本技術について、思い違いや抜けがないよう確認もしていきましょう。

2.各自の作物診断・質疑応答

BLOF理論を勉強して改めて作物栽培を始めると、分からないこと、疑問に思うことが出てきます。本講座の質疑応答・作物診断の時間等で、対面でしっかりと問題の状況を伝え、アドバイスを受け、対策を実践し、自身の技術力を強化していただければと思います。

3.先進事例視察

2020年は、先進事例を視察します。6月は山田農場、10月は株式会社ふしちゃんです。山田農場も株式会社ふしちゃんともに新規就農者で、BLOF理論入門講座、実践講座の受講経験者です。

山田農場は多品目栽培の農業技術経営者、株式会社ふしちゃんは、栽培品目を小松菜やレタス等少品目に絞り、経営規模を積極的に拡大中の農業技術経営者です。農業技術と経営について、タイプの異なる二人の経営者の圃場視察と経営内容、安定した技術を会得するまでの取り組み等、自身の農業経営の参考にしていただければと思います。

講義内容

実践講座

現場でのBLOF理論の活かし方を学ぶ講座

BLOF理論実践講座では、現場で起きている様々なことに対して、BLOF理論に基づく対応方法を学びます。
本講座の参加対象者は、BLOF理論入門講座に参加した方、BLOFインストラクターの紹介または推薦がある方です。

2020年度スケジュール

日時
内容
1回目
2/17(月)
9:00~17:00
講師:小祝政明先生
■座学■
会場:フォトシンセシス圃場
●各自施肥設計アドバイス
●各自昨年の栽培管理の反省点・課題を受けて、今年度の対応についてのアドバイス
●フォトシンセシス圃場とリンクしたテーマ(予定)
 ・果菜類ポット・セルトレイ育苗培土の施肥設計
 ・小さいパイプハウスでの高品質・多収穫のトマトの施肥設計・環境整備・整枝や追肥等
 ・ナスの虫害原因と対策、品質安定について、基礎から掘り下げてアドバイス
 ・トウモロコシアワノメイガ対策・多収穫のための施肥設計と堆肥の使いこなし方
 ・自家製堆肥の状態確認(発酵に使った菌の違いによる状態の確認と改善アドバイス)
 ・キャベツの無被覆栽培成功のためのポイントの確認
 ・キスジノミハムシが激発する時期のカブ栽培の虫害被害抑制
 ・電子顕微鏡の正しい使い方の確認と微生物等の観察
■当日スケジュール■
9:00 フォトシンセシス圃場 集合
※公共交通の方は、08:45 京成バス御成台車庫バス停向かいのセブンイレブン駐車場に集合(ピックアップします)
9:00~17:00
●全体での質疑応答・作物診断
●フォトシンセシス圃場とリンクしたテーマでの質疑応答
 
2回目
6/8(月)
9:15~17:00
講師:小祝政明先生
■現地視察■
会場:山田農場(所在地:千葉県船橋市)
テーマ:BLOF理論に基づく多品目栽培と経営、農業技術を安定させるまでの取り組み内容
■座学■
●各自抱えている課題についての質疑応答
 ・梅雨時の病気対策
 ・追肥・潅水
 ・虫害対策
 ・秋冬施肥設計・栽培管理に対するアドバイス 等
●フォトシンセシス圃場1月に受けたアドバイス実践中の栽培状況の確認(パイプハウスでのトマトの梅雨対策、追肥、整枝等、トウモロコシアワノメイガ対策、無被覆栽培キャベツ等)
■座学会場■
フォトシンセシス圃場
■当日スケジュール■
9:00 「小室」駅前集合
9:15~10:45 山田農場 視察
移動
13:00~17:00
 ・フォトシンセシス圃場にて質疑応答・作物診断
 ・1月アドバイス結果を反映したフォトシンセシス圃場の確認
 ・山田農場視察等を含めた総括
3回目
8/2(日)
9:00~17:00
講師:田中誠先生
(BLOFインストラクター 熊本有機の会専務取締役)
■座学■
●今から間に合う(9月以降播種・定植作物の)施肥設計・栽培管理のアドバイス
●各自作物診断
●各自抱えている課題についての質疑応答
 ・酷暑・干ばつ時の管理
 ・台風対策(被害作物の栽培メンテナンス)
 ・品質とコスト(肥料代・人件費)・利益についての考え方 等
●フォトシンセシス圃場とリンクしたテーマ
 ・果菜類ピーク前後の栽培管理アドバイス
 ・自家製廃菌床堆肥の改善
 ・乾きやすい圃場の改善方法
 ・人参の揃いを良くする、葉の徒長をなくして根部に養分を集中させ栄養価を高めるための栽培管理
 ・天候不良下でのアブラナ科野菜栽培についての考え方、虫害を出さないための栽培管理
 ・夏~秋の日照不足・高温を前提にした施肥設計のポイント
■当日スケジュール■
9:00 フォトシンセシス圃場 集合
※公共交通の方は、08:45 京成バス御成台車庫バス停向かいのセブンイレブン駐車場に集合(ピックアップします)
9:00~17:00
●全体での質疑応答・作物診断
●フォトシンセシス圃場とリンクしたテーマでの質疑応答 
4回目
10/25(日)
9:15~17:00(講義時間)
講師:田中誠先生
(BLOFインストラクター 熊本有機の会専務取締役)
■現地視察■
株式会社ふしちゃん(所在地:茨城県つくば市)
テーマ:どのようにして就農6年目で売上1億円を目標にできるまでに技術を安定化できたか、農業技術と農業経営について
■座学■
●各自抱えている課題についての質疑応答
●各自作物診断
●フォトシンセシス圃場アドバイス実践中の栽培状況の確認
 ・自家製廃菌床堆肥の改善
 ・乾きやすい圃場の改善
 ・人参の揃いを良くする、葉の徒長をなくして根部に養分を集中させ栄養価を高めるための栽培管理
 ・天候不良下でのアブラナ科野菜栽培についての考え方、虫害を出さないための栽培管理
 ・夏~秋の日照不足・高温を前提にした施肥設計のポイント
■当日スケジュール■
9:00 つくばエクスプレス「万博公園」駅前集合
9:15~10:45 株式会社ふしちゃん 視察
移動
13:00~17:00
 ・フォトシンセシス圃場にて質疑応答・作物診断
 ・8月アドバイス結果を反映した圃場の確認
 ・ふしちゃんファーム視察等を含めた総括

本講座は、皆さんの質問・疑問が多いほど、充実した講座になります。些細な質問から回答が長くなりそうな複雑な質問まで、積極的に質問・疑問をたくさん持ってきてください。

 

参加要領

【ご留意事項】

①本講座は、弊社が主宰するBLOF理論入門講座に参加した方、またはBLOFインストラクターの紹介・推薦がある方のみを対象とした講座です。

②集合・解散場所について

集合・解散場所は、1月・8月の講座はフォトシンセシス圃場(公共交通でお越しでピックアップ希望の方は御成台車庫バス停前セブンイレブン集合)、6月・10月の講座は、集合は視察先圃場近くの駅前、解散はフォトシンセシス圃場となります。

③各回作物診断・施肥設計・質疑応答について

作物診断希望の方は作物や土等対象物をご持参ください。

施肥設計に関する質問がある方は、講座開催日2日前までに設計シートをデータでご提出くださるか、当日参加人数分をプリントアウトしてしてご持参ください(当日ご用意くださる場合は、事前に必要枚数を確認いただけれると助かります)。

事前にご質問内容が決まっている場合、講座開催日の2日前までに内容をメール等でお知らせいただけると、体系的に質問をまとめられて、効率的に講座を進め、内容を深堀することができます。もちろん、質疑応答を進める中でのアドリブ質問も大歓迎ですが、大きな質疑応答のテーマとして、方向性をある程度見出しておきたいので、「事前の質問提出」についてご協力いただければありがたいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

項目詳細
開催日時
6月8日(月)
09:15~17:00
集合場所
・時間
9:00 北総鉄道「小室駅」ロータリー集合公共交通でお越しの方は、自家用車でお越しの方の車に分乗していただきます
受講料
14,300円(税込み)
申し込み締切
2020年6月06日

初回講座スケジュール

2020年度のBLOF理論実践講座初回は、昨年度栽培の反省や今年度の新たな課題を解決するための質疑応答がメインの勉強会です。

ご参加くださる方は、お忙しい中恐縮ですが、事前にメールやメッセンジャー等で下記内容の提出をお願いします。

①相談する施肥設計シートの提出

②既に固まっている質問内容

あらかじめ事前に情報をいただくことで質問等を分類し、より講義が効率的に進み、より深まるように準備しておきたいと考えておりますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

※もちろん、当日アドリブの質問も大歓迎ですし、自分もアドリブ質問をたくさんすると思います。

皆さんのご参加、お待ちしております。

時間
内容(参加者の質問・課題等によって臨機応変に変更します)
09:15~10:45・山田農場視察
10:45~13:00移動・昼食
13:00~17:00参加者全員の質疑応答
フォトシンセシス圃場で実践講座のために実施している栽培状況の確認

受講までの流れ

直接お申し込み

STEP 1

本ページ下部の講座お申し込みフォームからお申し込み

STEP 2

折り返しメールにて受付完了のご案内をいたします

STEP 3

指定の口座に受講料をお振込いただきます

STEP 4

当日、お越しいただきます

アクセス

東京駅から車で約50分、公共交通は、千葉都市モノレール千城台駅、京成バス御成台車庫バス停が便利です。

地図を検索する場合は、グーグルで「農業実践教室」と入力してください。

畑の場所:千葉県千葉市若葉区谷当町
TEL:043-356-4831

お車でお越しの場合

京葉道路 貝塚IC下車、または東関東自動車道四街道IC下車

公共交通を利用する場合

JR千葉駅→京成バス「御成台車庫行き」(乗車時間約45分)→御成台車庫下車
千葉都市モノレール千城台駅→京成バス「御成台車庫行き」(乗車時間約10分)→御成台車庫下車

畑まで徒歩20分の位置に京成バス「御成台車庫」バス停がございます。
公共交通でお越しの方は、千城台駅又は御成台車庫バス停から送迎可能です(詳しくは各講座の参加要領をご確認ください)。

京成バス時刻表検索

現地説明会
お申し込み
講  座
お申し込み
お問い合わせ